マケドニア白騎士団による「新・暗黒竜」ハード5攻略【12章『アカネイア・パレス』】

パレス城突入に当たり、アカネイアの歴史が少しだけ語られます。

アカネイア聖王国は600年前に誕生した都市国家の統合体だったこと、アリティアを含む6王国の成立にはアカネイアの支援があったことが語られ、その歴史の重みを感じさせます。

ということで、ついに聖都パレスにたどり着きます。まずは編成から。

アカネイアの騎士たちが仲間になることもあって、出撃枠は11人と非常に少ないです。

扉開け係としてジュリアンを連れて行くと、実質的な出撃枠は10人。マルス抜いて9人。

ミネルバ、シーダ、カイン、アベル、オグマ、ナバール、レナ、マリクは主戦力として確定にすると、残り1人。

使ってるキャラで残ってるのがバーツ、マジ、ハーディン、ロシェ、ラディ、リンダと多いのですが、このマップは難易度が高いイメージが強いので、最も戦力になるバーツを連れてゆくことにします。

ニーナ様が帰ってきたことでテンションが上がり、いっそ敵を追い落とすくらいの気持ちになっちゃうミディアと、なだめるボア司祭。

ボア司祭、そうなんですよ……良くお分かりで……

アストリアはミディアのどこが良いんだろう、と思ったけれど、頑固なところも熱血なところもそう言えば似てるような?

さて、攻略に入ります。

ここはワープ使わずに何とかならないかなと思って色々とやり直したので攻略方法満載です。

ちょうど攻略も中盤に差し掛かってきましたが、ここで「出来たらやる」くらいでルールを追加しておこうと思います。

・ハマーン、ワープなどの強すぎる杖の使用禁止

・「扉の鍵」「万能鍵」などの鍵の利用禁止。鍵が必要なマップではジュリアンを出す。

もちろん、どうしようもなくなったら使いますけれど、できるだけこのルールは守ってゆきます。

まず配置ですが、ミネルバとシーダをこの位置に。

で、ワープなしクリアをするのであれば、1点リセットしなきゃならない要因があって、捕らわれているアカネイア騎士たちの右上に配置されているアーチャーの上の方が、力9の場合と10の場合があるんですけど、力10だったらリセット必須です。

攻撃24になり、トムスのHP22、守備13なので11ダメージ×2が通って、ワープなしだと2ターン目を迎えることなく死にます。

牢獄内の配置はこの形で。ミシェランとトーマスは1回でも攻撃を喰らったら死ぬので必ず内側に配置します。

カインとアベルで上側にいるアーマーナイトを撃破します。

で、シーダで下側のアーマーナイトを撃破。

ミネルバは全速力で西側へ移動しておきます。

本隊の歩兵部隊は東にいる2体の盗賊を初手で倒しておきます。

2ターン目、牢獄前に居座るアーマーナイトを撃破します。手槍で弱らせにかかったカインがレベルアップ。

 

速さ上がって欲しかったですが、他は文句ない成長です。

シーダの直接攻撃がギリギリ届くので、ウイングスピアでアーマーナイトを撃破。

で、後は牢獄を襲っている魔道士をミネルバ様の手槍で撃破するんですが、ミネルバ様が前章の終わりに経験値稼いでいる関係で、成長吟味したいのでここでセーブしておきます。

リロード11回目。神成長来たのでこれで続行します。

 

牢獄内の配置を変更します。魔道士さえ倒せば全員攻撃範囲外に逃げられます。

次のターンになったら、カイン、アベルあたりを攻撃範囲に入れて引っ張り出して撃破します。

本隊は追い付いたらそのまま玉座の方からやってくる魔道士2体の相手をさせます。速さが低いので、ナバールやオグマなら簡単に追撃取れます。ナバールがレベルアップ。

力・守備は伸びてないですが、まあまあ。

魔道士撃破後、入り口から出てくる増援部隊と、玉座の奥からやってくるヒムラー隊に挟まれる格好になるので、同じターンで相手にしないようにだけ気を付けて撃破します。

まず入り口からの増援を倒します。

次のターン、ヒムラー隊を倒します。ヒムラーの落とすマスタープルフでレナをクラスチェンジ。

かなりバランスの良いステータスになりました。速さが低いのがちょっとネックですかね。

このあとは2ターン置きに出てくる増援部隊を順々に倒すだけです。1ターンに3体ずつ相手にするだけで済むので10章とかと違ってかなり楽に経験値が稼げます。

こんなことならリンダ連れてきて育ててあげればよかったかもしれない……。

増援狩りでマルス、ナバール、オグマ、バーツがレベルアップ。

成長吟味なしでこれはさすがの一言。めちゃくちゃ強いです。

さっきと同じ成長してる気が……。

かなり良成長ですね。早急にレベル20目指したい所。

成長はあまり芳しくないような気がしてましたが、それでも初期値が高いからかなりの戦力に。

宝物庫にいるジェネラルは強いですが、速さも低く追撃は悠々出せます。

真下にいるスナイパーの攻撃範囲にだけ注意して、斜め上の位置から仕掛けて反撃で倒します。

玉座の間の手前で布陣しているマムクートは範囲外からみんな突撃させて手槍や魔法で削れば簡単に倒せます。

(´・ω・`)マムクートは倒しても経験値あまりくれないから期待しちゃ駄目ですよ。ドロップもきずぐすりだしなあ。

次は先ほどの宝物庫の真下にいるスナイパー。

ボスを先に倒す以外には、1発受けないと行けないので、ジェネラルの相手をしたマリクで受けます。この位置で受けると良いです。

次のターン、扉を開けて抑え込んでしまえば、いつも通りの生け捕りになります。

さてボス戦……の前に、両隣のシスターを倒しておきます。

ミネルバ様がレベルアップできそうなのでセーブポイントはここで使います。

リロード9回目。きたー!!! 下級職叩き上げにも負けないステータスになりつつあります。

ではボス戦に移ります。速さ18と高いですが、身の程知らずにもボルガノンを装備しているので戦速が落ちています。

そんなこと言っても……、シーダで追撃が出せちゃうくらいなのでちっとも怖くないです。

ボルガノンはドロップしてくれるので、できるだけ無傷で欲しいなと思っていたらシーダ様がかわしてくれました! さすがシーダ様!

トドメは次のクラスチェンジ候補であるオグマ隊長で。

生け捕りにしていたスナイパーもオグマで倒して少しでも経験値を稼いでおきます。

制圧する前に宝物庫と、玉座の奥の庭?にある宝箱も回収しておきます。

ついでに武器屋は剣の品揃えが良いので買い物しておきます。

アーマーキラー*2

残金3270G。本当はキルソードも欲しいけど、必殺頼みで戦うのもどうかと思うので、ここはアーマーキラーだけにしておきます。

開けてない宝箱がないかチェックしたら、制圧!

マルスのことを褒めちぎるニーナ様。

謙虚に、それでいて失礼にならぬよう言葉を選んで返すマルス。

マルスの一番すごいところは、自分の成果という言い方でなく必ず「みんなの力」だと言って、仲間の存在を誰よりも大切にすることですね。

ニーナ様にこれまでのほうびと言ってはなんですが、と三種の神器の1つパルティアをもらいます。

ただ敵に盗られずにパレスに残ってたからあげます、の間違いじゃないかと。

そもそも、すでにマルスは財宝好きに使っていいよってお墨付きのファイアーエムブレムを受け取っているので三種の神器だろうが何だろうが徴収して戦う権利を得ているのでほうびでもなんでもないんですよね。

最後のマルスのセリフが、取り戻したら戦いに使いますよ!ってニーナに宣言しているように思えるのはひねくれてるのかなぁ。

さて、ついにアカネイアを取り戻したマルスは、祖国アリティアの解放へ向けて軍を進めます。

物語もいよいよ中盤です。難易度も上がってきますが楽しんでプレイしてゆきます。

 

← 11章『ノルダの市場』

→ 13章『グルニアの木馬隊』

 

マケドニア白騎士団による「新・暗黒竜」ハード5攻略まとめに戻る

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です