マケドニア白騎士団による「新・暗黒竜」ハード5攻略【10章『プリンセス・ミネルバ』】

マリア王女を助け、ミネルバ王女を仲間に加えるため、マルスはディール要塞への攻撃を決意します。

そりゃあ、カチュアに頼まれたら断れませんよね!

ただ、同盟軍内でも罠ではないかという声があがります。

敵国の王女であるミネルバの要請で、これまた敵国の王女であるマリアを助けてくれというのですから、疑う者が現れるのも当然です。

ですが、マルスはレフカンディで見たミネルバのことを「信用できる」と確信してディール要塞へ向かいます。

このあたりが戦力としては若干頼りなかったマルスが、それでも人気で、カッコいいところです。人を見る目がありますよね。

さて、編成から。今回は扉を開けたり宝箱があったりするのでジュリアンを連れてゆきます。そうすると1人外さなきゃいけなくなります。被弾を少なくするにも機動力は落としたくないので、ラディ君をお留守番にします。

本当はウェンデル先生を置いてゆきたいところではありますが、この章の敵はぎん装備がもはや普通になっており、錬成武器さえ使い始める敵がいる始末なので、回復がレナ1人では間に合わない可能性が高いので、先生は連れてゆきます。

後はアイテム整理。前章でジュリアンが拾い集めたアイテムは輸送隊へ入れ、金塊(中)を売り、不足している物を買い足します。

ライブ*5

てつの弓*3

残金12890G。そろそろ全員の装備を「てつ」から「はがね」に買い替えてあげたいところですが、闘技場での金策もできないので、てつで済む場面はてつ装備で節約してゆきます。

間違いなく一番お金かかってるのはライブですw

初期配置はこんな形で、前列(南側)に速さの高い歩兵としてオグマとナバール、中列に騎兵とその後ろに弓兵、後列に魔道士系という形にしています。

さて、ゲーム開始します。

初っ端から人質のマリアを盾に脅されているミネルバ王女。

ミネルバは一目でいいからマリアに会わせてくれと懇願しますが、要塞を守るジューコフは応えようとしません。

そこへアリティア軍(反乱軍)の襲撃を知らせる兵がやってきて、ジューコフは慌てて援軍要請を出します。

ミネルバはその様子を見ながら、マルス王子へ微かに期待を寄せます。

と、いうことで攻略開始です。

まず、初手は全員を可能な限り西側へ移動させ、要塞の入り口を目指させます。すると、2ターン目にはソシアルナイト4体とぶつかれるはずです。まずはこいつらを撃破します。

 

ソシアルナイトは速さも低く、ナバールやオグマなら十分追撃の取れるレベルです。この騎兵を全滅させればこのターンは攻撃されないので、ダメージはあまり気にしなくて大丈夫です。

シーダのウイングスピアで確実に1体仕留められるので一番後ろの敵をシーダで倒すと決めれば、残りは3体。手槍で弱らせてから撃破するだけです。

 

きついようならナイトキラーを使えば、シーダ同様に1体確殺できるので残りの面子で2体倒すだけです。

 

で、要塞内部に手の余ったユニットを突入させ、一番手前のアーマーナイトを倒しにかかります。次のターンに盗賊との戦闘になるので、できるだけ槍装備のできるソシアルナイトを向かわせた方がいいです。

ハーディンとロシェで行ってもらってます。

翌ターン、ハーディンとロシェで盗賊を撃破しサンダーソード回収、弱らせたアーマーナイトは後続のマルスで倒してしまいます。

ドラゴンナイトが寄ってくるので、要塞内と外の西側とで部隊を分け、攻撃範囲外へ逃がし、迎え撃つ形を取ります。

弓兵や魔道士などは外に置いておいた方が攻撃の幅が広がります。

寄ってきたドラゴンナイトを撃破……したいのですが、後続のペガサスナイトの攻撃範囲は確認して戦うようにしましょう。

錬成手槍を装備しており、速さも15あるので、生半可なユニットだと追撃喰らって一撃で沈みます。

まずはドラゴンナイトの前の方なら間接攻撃で倒せばダメージ受けずに済むので、速さの低いバーツとカインで対応させて……と

カインが攻撃を外しました(´・ω・`)

ドラゴンナイトが要塞よりずいぶん南側に来てしまったこともあり、要塞内部に配置した味方たちの攻撃が届きません。

とりあえずドラゴンナイトの後衛を攻撃したキャラクターは絶対にペガサスナイトの1発を喰らうことになるので、速さの高いマジとシーダで対応します。

1人はどうしてもペガサス2体の攻撃範囲に入れなきゃならないので、ぎりぎり2発耐えられるであろうアベルで倒しつつ受けてもらいます。

要塞内の方は、盗賊まで倒してしまえば一段落なのですが、飛竜部隊との戦闘に参加できないので、もう1体アーマーナイトを倒しておきます。

後続の弓兵3体の攻撃範囲には穴があり、敵アーマーの東2マス目は弓兵を無視してアーマーだけおびき出すことができます。

ということでマルスで弱らせ、ロシェで撃破。2人ともレベルアップ。

良いですねぇ! 速さ・守備がちょっと心配ですが、オグマより強いムキムキ王子になってます。

ロシェも悪くないけども、速さが9だとちょっと速い敵には追撃喰らうので運用には注意が必要なパラメータです。

ペガサス部隊の方はアベルが耐えきってくれたので、特攻のかかる弓兵で撃破します。

宝箱の回収もお忘れなく。このあたりでジュリアンを向かわせておきましょう。

その後、要塞の外にいる部隊はみんな要塞内に入れ、増援部隊を相手に……という流れなんですが、増援でホースメンが2体いたのでここでセーブしておきます。

ホースメン速さ16……。これに、ぎんの剣装備のソシアルナイトも受けるとなると、ほぼ全員耐えられません。アベルなら何とか?とか、そんなレベルです。

要塞内に引きこもって戦う戦法を取ったところ、

オグマ隊長ぉぉぉぉぉぉっ!!

何度かやり直しましたが、ぎんの剣とぎんの弓に耐えられるキャラは我が軍におりません……。

そこで、要塞内に籠城するのをやめ、打って出ることにしました。

これで、寄ってきたタイミングで、全軍をあげて突撃を敢行し、敵騎兵6体を1ターンのうちにせん滅する作戦です。

若干もったいないですが、ぎんの剣やキルソードもバンバン使って、とにかく敵の頭数を減らします。特にホースメンは残したら絶対誰か死ぬので最優先で倒します。

この突撃作戦が功を奏して、ソシアルナイト1体を残すだけまで駆逐することができました。

ソシアルナイトは速さも低いので、1発なら割とみんな耐えてくれます。

後は寄ってきたアーマーナイトを倒しておき、部隊を引上げさせて、次の増援に備えます。

今度はしっかり攻撃しやすいように布陣して待ち構えられるので、先ほどより楽にいけるはずです。

やっぱり1体倒しきれませんでした(´・ω・`)

そのまま、同様にアーマーナイト2体を撃破していったん増援部隊の相手は終了します。

ここでの戦闘で、ハーディン、カイン、シーダ、レナ、ナバール、バーツの6人がレベルアップ。

ハーディンはここにきて覚醒しましたね。力はアベルに並び、速さもカインに並んだので、3番手の騎兵としての立ち位置を確保できそうです。

カインも良成長。速さが伸びてくれたのが大きいです。

今回は本当に力が良く伸びますね……!!

レナさんも魔力が伸びてくれて言うことなしです。

上がりにくい力が伸びてます。良い感じですね。

バーツも良成長。速ささえ伸びてくれればマジより使えるんでお願いします兄貴。

全軍を要塞内へ戻したら、速さの高いアベルで弓兵をおびき出してもらいます。

後ろのスナイパーが非常に危ないので、生半可なユニットを囮にしたら絶対にいけないです。

真ん中にいた弓兵だけは攻撃範囲外なこともあって寄ってきません。騎兵で突撃して倒しちゃいましょう。

スナイパーは経験値が美味しいのでいつものように生け捕りにして、今回はロシェで倒します。

この弓兵3体との戦いでアベル、マジ、ロシェがレベルアップ。

いまいち……。そろそろ力・守備が伸びて欲しいところ。

バーツに唯一勝ってる速さがより伸びました。

だんだん脳筋キャラになってきた気がする。

マルスで捕らわれてるマリアを説得します。

この(へえー、ステキな人なんだ)って表記の仕方が好きなのはさくもだけじゃないはずです。

紋章でも似たようなキャラいますよね。

マルスはその人柄のおかげか、やたら人望があるというかもてるというか。かっこいいですもんね。

マリアを閉じ込めていた部屋の北にいる勇者は、ノーマルではアーマーキラー装備してるだけの敵でしたが、ハード5では速さ17ありますので1ターンで必ず倒しきりましょう。

手槍投げまくって弱らせてしまえば苦戦することはないと思います。経験値美味しいのでナバールにあげます。

ミネルバの攻撃範囲にマルスを入れてあげると、寄ってきて会話になります。

どっかのバカ兄貴のように妹を攻撃したりはしません。

ミネルバは、父王を暗殺し王位を簒奪した兄ミシェイルに敵対し、マルスと共に戦う決意をします。

同じマケドニア王国を想う兄弟でありながら戦う定めにある2人の話は物語の深さを感じさせてくれます。

ミネルバは部下を助けてくれるようにしっかりマルス王子に頼みます。絶対助けますし、絶対主戦力になってもらいますよ!!

3姉妹もここで仲間になってくれたらなあ。

ということでミネルバが仲間になります。オートクレールはさすがにもったいないのでしばらく輸送隊に預けておきます。

ステータスは現状ではかなり優秀なのですが、下級職たたき上げ組に比べるとどうしても見劣りしてしまい、レベルアップの機会も19回しかないのでできるだけ成長吟味して使っていってあげたいところです。

ミネルバとマリアで会話があるので、そっちも見ておきます。

マリア何歳くらいの設定なんだろう? 子どもなりにしっかり考えて戦いに参加すると言っているのが健気ですね。

マリアの強い思いを知り、それを尊重するミネルバ。戦乱の世だからこその成長の促し方ですね。

さて、表題にもしているマケドニア白騎士団ですが、マリアは入れておりません。

使ってあげたいのは山々なんですが、この子は「幸運」と「魔防」以外の成長率が著しく悪い上に今回のプレイでは、上級職加入でハンデを負うミネルバ様を育てなきゃならないので、マリアまでは手が回らないと思ってます……。すまん。

試しに弱ってる味方を治して回らせてみてレベルアップ。

ちーん。

いや、成長率低いのはわかってたけども。

ボスの周りのアーマーナイトとシスターは特に書くこともないので省略します。ミネルバ様の経験値になっていただきました。

さっきの勇者からもらったマスタープルフはマリクに使います。我が軍初のクラスチェンジですね。

HP39、守備8、魔防14とかなり打たれ強いキャラに育ってくれました。速さも17あり、このままいけばカンストしてくれるはずです。

さて、残りはボスだけですね。先にお買い物をしておきます。

手斧*7

残金9110G。ミネルバ育成用に手斧を大量購入しておきます。ハンマーはもう購入できなくなってしまうので買っておいても良いのですが、マリクとレナの育成が順調なのでアーマーナイト撃破にはあまり困らないと踏んで買っていません。

ではボス戦に入ります。

錬成手槍とぎんの槍を装備しており、武器破壊をするならかなり時間がかかりますが、他は今までのジェネラルのボスと変わりません。

ミネルバの手斧が1ダメージ通るので、チクチクさせて経験値を稼ぎます。

せっかくミネルバで攻撃してみても、特殊会話も起きないんですよね。ちょっと残念。

セーブポイントも1つ残しているので、経験値90超えたところで使います。せめて4つは上がってくれ……!

リロード32回目。なんとか4つ上がってくれたのでこれで進みます。次の章の開始時にも吟味したいので経験値90超えるまでまたチクチクします。

ミネルバの回復につけていたレナがレベルアップしたんですが……、あの、レナさん……?

放心してターン終了してしまったところでミネルバがまたレベルアップ。

奇跡的に4ステータス成長しました。

3姉妹は下級職加入で成長率も良いので、今回のプレイで最大のネックになるのがミネルバ様であることも考えると、この成長はかなり嬉しいです。

もうちょっとチクチクして、経験値90超えたあたりで終了させます。トドメはナバールにあげます。

いえ、あの単体戦力で言えば、あなたたちのホースメンの方が強いです。

お買い物忘れがないことと、宝箱を取り忘れていないか確認して、制圧します。

ニーナ姫が、アカネイアを守って戦死したミロア大司祭の話をします。

ミロア大司祭の娘リンダがオーラを受け継いだものの、今は行方不明になってしまっていることが明かされます。

心当たりもないのに探せって言われてもっていう話ですよね。

それでも断らないのがマルスの良いところなのかもしれません。……もっといえば、運命に引き寄せられるように宿命を背負った人物を次々と引き寄せてしまうところが、マルスの力なのかもしれませんね。

 

← 9章『ペラティの火竜』

→ 11章『ノルダの市場』

 

 

マケドニア白騎士団による「新・暗黒竜」ハード5攻略に戻る

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です