マケドニア白騎士団による「新・暗黒竜」ハード5攻略【9章『ペラティの火竜』】

港町ワーレンから脱出したアリティア軍は、唯一の脱出口である東の地ペラティへ逃れます。

ペラティは他国との関りを嫌う辺境の島国なので、無断で入国したアリティア軍に攻撃を仕掛けます。

びっくりするほどあっさりとした説明でマップが始まります。

まずは編成ですが、15人出撃できるので、前章で出撃させた13人に、扉や宝箱の回収係にジュリアンを入れ、育成中のラディを混ぜます。

ラディはハーディンやロシェに代わりソシアルナイトとしての活躍を見込んで育成しているので、さっそく兵種変更してみます。

ちょ、技2だと……? 速さも8に落ちてしまうのでロシェと変わりません。

剣士の技と速さは兵種ボーナスが大きすぎるので、初期兵種が剣士のキャラクターは素の能力が低いことになってしまい不遇感が漂います。

逆に今のところ成長がいまいちなハーディンでさえ剣士にしたら技16、速さ15となりナバールを超えます。なんだかなあ。

技2・速さ8じゃ戦力に数えられないので、ラディはこのまま剣士で使うことにします。

後は、レベルがカンストしそうなマリクを魔道士に戻し、レナをシスターに戻します。マリクはこの章でレベル20に到達させておきたいところです。

はがね装備などを主力であるアベル、カイン、オグマ、ナバールに振り分けます。

 

では攻略を開始します。

初期配置はジュリアンの位置だけ1ターン目で扉を開けに行ける場所に調整し、残りはいつも通り騎兵を前衛に配置しておけば大丈夫そうです。

村訪問にマルスと、シーダ、ロシェは北ルートで北東に向かわせます。

こちらのルートは戦闘回数は少ないですが、2体いる盗賊を相手にする必要があるので、機動力があり、かつ本隊で主力になるキャラクター以外から採用したいのでロシェに行ってもらうことにしました。なお、2体いる敵の盗賊はそれぞれ東へ向かい、1体は北東の村を壊しに、1体は南東の宝箱を回収しにゆきます。

残った本隊はジュリアンで開けた扉の先へ南下してゆきます。最初に戦闘になる海賊は手斧装備なので注意します。相性は悪いですがアベルの手槍で受けます。

2ターン目、北に行ったロシェで村付近の海賊を呼び出します。マルスとシーダは追っかける形で待機させます。

本隊側は、アベルで弱らせた海賊を倒しつつ、魔導士の攻撃範囲に手槍装備のカインを入れておきます。後続の方へ海を渡ってくる海賊は手斧装備なのでバーツで受けます。

3ターン目。

まず北の部隊ですが、寄ってきた海賊をロシェの手槍で攻撃し、マルスでトドメ。

実はマルス1人で片が付いた説。

盗賊に破壊されないよう、村の入り口にシーダを配置しておきます。すると、村が破壊できない盗賊がシーダに攻撃してきてくれて自滅してくれます。

本隊側の攻略へ。

まず後続を襲ってきた海賊はラディでさくっと倒しておきます。

マップ中央に動いてくる3体はいっぺんに寄ってくる上に、下側の海賊はデビルアクス装備しているので注意が必要です。

いったん、中央の島の東側に退避させます。

ここで攻撃受けて削りたいところですが、はがねの斧装備の海賊とはがねの弓装備のハンターの攻撃を受けるのが必須なので……杖で回復させたアベルにまた受けてもらいます。

手槍装備のまま置いちゃったのでひやひやしましたが、ギリギリ耐えてくれました。

中央の島に残した味方と、西側の本体で挟み撃ちの格好が作れたので、このターンで3体をせん滅します。

あ、デビルアクス持ちは自滅してくれました。

ジュリアンで中央の宝箱2つは回収しておきます。

次のターン、南から赤くしている海賊2人が寄ってくるので、HPを回復したカインをオグマの横においてあげて2発喰らうのを避けます。

北の部隊は、シーダを全力で南下させ、手槍で盗賊を攻撃します。討ち漏らしてしまっても、翌ターンで倒せると思います。

ロシェはもう北側で出番ないので本隊に合流させ、マルスで村訪問します。

アカネイア弓兵で、パレスでの戦いの後、敵の捕虜になっていたが逃げだしてきたというジョルジュが仲間になります。

上級職加入組らしいステータスになっています。

初期から弓BですぐにAになるので、弓兵が誰も育ってなければ後に手に入るパルティア装備係になります。

ですが、前章でチクチクしたバーツさんがすでに弓Bまで来ているので今回のプレイでは出番なさそうです。イケメンなんだけどなぁ。

とりあえず、はがねの弓とぎんの弓を持ってきてくれたことに感謝しつつ本隊と合流させに戻し、ターン終了。

ここで海賊を受けたカイン、オグマがそれぞれレベルアップ。

うーん、アベルに軍配が上がる成長ですね。

オグマ隊長も技と速さが勝手にカンストしてくれるイメージがありましたが、ちょっと心配になってきました。ステータス自体はバランス良いんですが。

次、この弓兵は勝手に動いてきてくれるので、攻撃範囲を確認して中央の島に全軍を集結させて待ち受けます。マルス、シーダ、ジョルジュを戻してあげるのを忘れないようにします。

そろそろ海賊の増援が大量に出現したと思うので、一応前衛は心配ないキャラで配置して待ちます。

あれ、まだ増援出てこないんですかね。とりあえず寄ってきた弓兵を倒しておきます。

増援が心配なので、ちょっと待つことにします。

6ターン目敵フェイズで出てきました。海賊は速さが低いのでそこまで警戒する必要はありませんが、いっぺんに相手にすると事故死しかねないのがハード5です。回復させつつ中央の島で迎え撃つことにします。

海賊の移動に合わせて南にいた弓兵2体も動き出します。これはいっぺんに来られたらちょっと厄介ですね。

ちょうどレナが経験値90超えているので吟味を兼ねて、増援を迎え撃つ前にセーブしておきます。

リロード12回目。なかなか魔力が上がってくれず粘りました。

……え?

南から来る手斧海賊の攻撃範囲を確認していませんでした…。

ちょうどセーブしておいてよかったぁ。

レナの成長吟味は諦めて、普通にやり直します。

魔力は上がりませんでしたが、まあまあ良い感じです。

海賊は2ターンおきに5体ずつ3セットだから合計15体。わらわらと湧いてきます。

ちょっと数が多すぎるので、バーツとマジを交代で壁越しに攻撃できる場所に置いて間接攻撃持ちは引き付けておき、いっぺんに本隊の方へ来ないように調整します。

ここで、てつ装備だと削り切れないけれど、はがね装備なら反撃喰らわず倒せる現象が多発します。買っておいて良かった。

海賊退治の途中。まだまだ後続が出てきているので、いったんマルス、オグマ、アベルを前に出して最前線の海賊だけ撃破し、残りは後退、迎え撃ちやすい陣形を整えます。

地味に厄介なのがボスの周りをうろちょろするシスター。弱らせた海賊を回復させに出てきたり、ボス周辺に逃げたりと厄介です。

隙があれば倒しておきたいですが、海賊が多すぎて前に出れず、ヘタに前に出ると橋の南の岬で待機している弓兵まで動き出してしまうので、我慢して1体ずつ海賊を減らします。

バーツとマジは引き続き壁越しに少しでも引き付けます。合言葉は「残り1発で死ぬ敵は絶対倒しておく」です。

ここは耐久戦になりますが、経験値稼ぎにはちょうどいいので、なるべくレベルが低めのキャラでトドメをささせて経験値を回します。

途中、壁越しに敵を引き付けていたマジが必殺反撃で倒してしまい、喰らったら死ぬ2発目を受ける羽目になりましたが何とか回避してくれて生き永らえたのでセーフでした。

海賊の増援たちとの戦闘でレナ、マリク、ラディ、ナバール、マジレベルアップしました。

レナさんは吟味なしで魔力上がってくれていい感じです。

マリクはレベルカンストですね。魔力も伸びていますし、HP33の守備7あるので前に出ても耐えてくれる優秀な性能で上級職を迎えられそうです。

ラディも守備が伸びましたが、ソシアルナイトに兵種変更したら2になっちゃう技を何とかしてほしいです。

偶然にもラディとまったく同じ成長の仕方w

バーツが前章でかなりチクチクしたこともあって、手斧装備の弓兵は基本マジに受けてもらいました。速さ14は嬉しいですね。技と力のバーツ、速さのマジって感じになってきました。

海賊を狩り終え、後はボスの周りだけです。

ここは活躍の機会が少なかったシーダ様で弓兵を東側から回り込んで倒しちゃいます。

東側から倒すと、もう1体残った海賊の攻撃範囲に入らずにすみます。うちのシーダ様強いので1発くらい耐えられた気もしますが、まあ一応。

後は海賊をさくっと倒してしまって、ボス戦ですね。結局最後まで生き残ったシスターも経験値に変えちゃいます。

忘れないうちにジュリアンで南東にある宝箱を回収しておきます。

思えば、このマップの盗賊はペラティ軍だったので、彼らが宝箱を回収するのが普通で、むしろアリティア軍が侵略者なんですが……まあ、ファイアーエムブレムをもらって「各地の宝箱の徴収権」を得てるので問題ないですね

なお、南西の端っこにあるいかにも怪しい武器屋ですが、はがね装備しか売ってません。残念。

ボスのマヌーは初のマムクートです。

ステータスだけ見ると弱そうですが、竜石でステータスに補正がかかるので、近接攻撃で戦おうとすると返り討ちにあいます。

我が軍のエースであるアベルでさえ追撃とられて即死です。

ただ、火竜石は射程1しかないので、間接攻撃でならチクチクできます。

速さの補正が高いので、ジェネラルには追撃を取ってしまってチクチクできなかったシーダと、ソシアルナイト4人(アベル、カイン、ハーディン、ロシェ)で手槍チクチクします。

HPの減っている味方を回復させ、レナの経験値が溜まったところで残ったセーブポイントを使って成長吟味します。

魔力は伸びてないですが、4つ上がってるのでいいことにしました。

チクチク組は、マヌーのレベルが低いせいか、経験値が少量しかもらえません。アベル、シーダ、ロシェがレベルアップ。

安心して前衛を任せられる優秀な騎士になってきました。

珍しく守備が伸びてますね。力もレベル20までにあと2くらいは上がって欲しいところです。

お、速さが伸びてくれた。力と守備はすでにカイン・アベルに並んでいるので、あとは技と速さの成長次第です。

手槍もったいないかなあと思い始めたところでカインが必殺出して終了。撃破してもそこらの雑魚と同じくらいしか経験値もらえませんでした(´・ω・`)

宝箱3箇所の回収をしていることを確認して制圧します。

きたー!!!!

なんでも聞きます。

カチュアは、マケドニア国内でミネルバがクーデターを計画しているが、妹マリアが幽閉されていて身動きが取れないことを明かし、マルスに助力を求めます。

と、いうことで! 次回、「プリンセス・ミネルバ」。乞うご期待っ!!(主にさくもが一番楽しみ)

 

← 8章『港町ワーレン』

→ 10章『プリンセス・ミネルバ』

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です