マケドニア白騎士団による「新・暗黒竜」ハード5攻略【5章『オレルアンの戦士たち』】

アカネイア再建の要ともいえるニーナ姫。彼女を守る「草原の狼」ハーディン率いる狼騎士団も帝国の大軍を前になす術がなく、その兵力を減らしてしまいます。

ニーナは帝国打倒の為の援軍要請を各国に送ったようですが、その悲痛な叫びに応えられる者もなかなか現れません。

そんな絶体絶命の状況の中で、マルス率いるアリティア軍が救援に現れます。

ニーナ様がピンチになると現れるマルス王子。よくあるヒーロー物なら、世界を救うヒーローと結ばれるヒロインのような設定ですが、マルスにはシーダの存在が、ニーナ姫にも思いを寄せるある人がいるので、そうはなりません。

これは「紋章の謎」に続く伏線にもなりますが、それ以上に、この世界にキャラクターがちゃんと「生きている」んだと思わせるリアリティがあります。

歴史小説読んでいるときのような、本当にいそうな人たち、本当にありそうな世界というのかな。竜とか魔法とかのファンタジー要素はもちろん現実にないわけですが、それでもファイアーエムブレムシリーズがどことなくリアルなのは、こういうところにあると思っています。

前置きはこのくらいにして、攻略に入ります。

子どもの頃にスーパーファミコンで「紋章の謎」の第一部としてプレイした際に最も苦手だったこのマップ。今でもけっこう苦手です。

ハーディンたち狼騎士団に向かってゆく敵兵を分断するのが難しく、狼騎士団が逃げ遅れて殺されてしまったり、助けに行くために全速力で突っ込んだ本隊がやられたり、ここで盾にして次のターン、と思っていたら必殺攻撃出してやっつけ負けしたり、そりゃもう色んなドラマがありました。

出てこないで砦で大人しくしててください。と、何回思ったことか……。

そして、今回のプレイでも余裕で4回失敗してます(´・ω・`)

1回目:狼騎士団の救援にアベルとカインを向かわせ、弓兵を引き付けようとしたものの、範囲ギリギリに入っているのに弓兵が狼騎士団に向かってしまいリセット

2回目:本来は弓兵の後ろから追ってくるはずの騎兵が、なぜかそのまま南下して狼騎士団を西から襲ったのでリセット

3回目:橋を守るために配置していたアベルが必殺攻撃を出してしまって2発喰らうことになり死亡リセット

4回目:敵増援のペガサスナイトを防ぎきれず、マリクが死亡リセット

ということで、苦難を超えたプレイレポートになります。

まずは部隊編成から。

狼騎士団の救援の都合上、機動力は落とせないのでシーダとカイン、アベルは確定。

歩兵の双璧を誇るオグマとナバールも外せないでしょう。

魔法使い系のレナとマリクも確定として、これでマルスを合わせると8人。残ってる面子の中で一番戦力になるのはバーツなので入れるとして、あと1人。

前章でチクチクしてそこそこ育ったマジさんを連れてゆくことにしましょう。

ここで、レナとマリクの職業を入れ替えます。

魔道士の方が魔力が伸びるので、ここまで調整時しか伸びていないレナをできるだけ魔道士で育成します。

マリクも魔道士で育てたいところですが、橋の辺りで激戦になるので回復役がいないとキツいので、この章では僧侶で活躍してもらいましょう。

レナを育成したいのでファイアーを買っておきます。

ファイアー*5

残金7460G。武器は減ってきましたが、お金にはずいぶん余裕ありますね。

シーダ、カイン、アベルは西の狼騎士団を助けに行くので、西側に配置、本隊は余ったところに配置しておけば大丈夫でしょう。

まずは北東から突っ込んでくる3体の騎兵を歩兵部隊で相手します。範囲ギリギリにレイピア装備のマルス王子を配置して受けてもらい、反撃で削ります。

騎兵部隊はとにかく北へ一直線。

狼騎士団は狙われないように身を小さくして固まっててもらいます……。

ここまでやる必要があるのかわかりませんが、騎兵の1体でも狼騎士団側に行かれたら全滅します。

後は歩兵部隊を敵の攻撃範囲外で布陣させて終了。

ここで騎兵に反撃したマルスがレベルアップ。さすが軍神様!

2ターン目、騎兵3体を片付けます。レナがレベルアップ。

魔道士にしたかいあってか、ネックになりがちな魔力が伸びました。

騎兵退治する際に、できるだけマルスに奥側の敵を攻撃させましょう。次ターンでウェンデル先生を説得させたいので。

2ターン目、騎兵3体を歩兵部隊で撃破します。手が足りないようならシーダも呼び戻そうと思ったんですが、マジさんが必殺出してくれたので余裕で撃破完了です。

東はペガサスナイトの攻撃範囲ギリギリに追撃喰らないキャラとして相性悪いですがナバールを配置、西は弓兵2体呼び出せる位置にカインアベルを手槍装備で置いて呼び出します。

ちなみに、弓兵1体の攻撃範囲に入っただけだと、アリティア軍じゃなくて狼騎士団殺しに向かいました……。リセットしたので勉強しました。

狼騎士団は動かずに待機させて終了。

3ターン目、北東から寄ってくる3体(ペガサスナイト、弓兵、司祭)のうち、司祭はウェンデル先生なので、ペガサスナイトと弓兵だけ倒せれば大丈夫です。

ナバールはそのまま北上して弓兵に追撃込みの攻撃を当てます。てつの剣なのに必殺出して倒してくれたw レベルアップ。

力も伸びていい感じですね。オグマもそうだけど、みんな技が伸びてない気がする……。

ウェンデル先生をマルスで説得。先生の説得は最初マリクだと思ってましたがマルスでしたね。

魔王ガーネフの話が出てきます。ファイアーエムブレムといえばお決まりの「裏で暗躍する系」魔道士ですね。「アルスラーン戦記」とか、「氷と炎の歌」とかでもおなじみですよね。

 

残ったペガサスナイトは弓兵の餌食に。マジさんがちょうど倒せたのでやっつけてもらいます。

アベルとカインはそのまま次のターンまでは持つので、壁にしたまま歩兵部隊を西へ移動させます。

敵の弓兵部隊の後ろからついてきている騎兵の1人が手槍装備なので、シーダ様でそっちだけ北の橋へおびき寄せます。攻撃範囲ギリギリに待機させてターン終了。

4ターン目で、敵を分断することができました。本隊もマルスとナバールが追い付かなさそうですが、他は合流できそうです。

とりあえず、カインとアベルが瀕死なので、マルスは西へ向かいがてら輸送隊からライブを引き出してウェンデル先生に渡しておきます。

 

敵の弓兵は「あと一撃で倒せる」HPにしたら絶対倒し切ります。やっつけ負けの最大の原因になるので……。

ちなみに、北側の村を襲いに行く盗賊は敵のターンで攻撃してきません。

そのまま盗賊を壁にしたいところですが、河を移動できるので壁には使えません。倒しましょう。

アベルとカインは死にかけていると思うので、攻撃を喰らわないように調整してあげながら手槍で戦闘参加させます。盗賊が経験値けっこうくれます。

パラメータが平均的に伸びてくれて使いやすいです。

 

アベルとカインを移動させて橋の手前側を空けたら、HP(と速さ)に心配のない本隊で壁を作ります。

さすがにもう大丈夫でしょうってことで、狼騎士団を(敵の攻撃範囲に絶対入らないようにして)北上させます。

次のターンで中央の3体を撃破します。

シーダ様強い。ウイングスピアじゃなくても騎兵倒すのに苦労はしませんね。

中央を制したら、ボス周辺のアーマーナイトを引き付けて倒します。囮役はオグマかな。

オグマ隊長の成長がちょっと心配になってきた……。特に戦士にしていると技の低さが際立ちますね。

アーマーナイトはレナさんの貴重な経験値になります。ごちそうさまです。

シーダだけは、戦闘に参加せず北上させ、そのまま北西の砦を塞ぎに行かせます。ペガサスナイトの増援は弓兵の経験値になりますが、そんなことより事故死が怖い!!

ここまできたら一安心なので、マルスで村訪問しておきます。

村ではマムクートに関する情報と、そのマムクートに変身するのに必要な火竜石がもらえます。

後の章でこれを探し回ってるおじさんに会えるので楽しみです。

それにしても、良く見ず知らずの人に貴重な物くれる世界ですよねー。

アーマー2体目もレナさんの経験値に。これでボスと僧侶以外は倒したので、増援が出てくるまでの安全が確保されました。

ここらへんでお買い物。

手槍*5

残金3710G。欲を言えば、はがね系装備も欲しいですが、射程2装備の購入でカツカツなので、ここでは購入しません。

マルスとハーディンの会話があるので見ておきます。

マルスの率いるアリティア軍ってこのとき公式設定では何人なんだろう……。まさか編成人数の10人ってことはないでしょうし。

ニーナの為に、指揮権を統一すべきだ、という、いかにも指揮官ならではの会話が見られます。

歴史小説や大河ドラマで、軍勢が崩壊する際によく描かれるのがこの指揮権の問題で、特にマルスたちのような混成軍になってくるとその問題はつきものでしょうから非常に自然な会話です。

とはいえ、これまでニーナを守ってきたハーディンが指揮権を放棄してマルスの下に着くっていうのは、ハーディンの器の広さを証明していてカッコいいです。

狼騎士団は今回のプレイでは使う予定ないんですが、ハーディンだけは使ってあげよう。まあ今後の成長次第ですけどね!!

ちなみに狼騎士団の中にいるウルフとザカロは全ステータスが毎回伸びてもおかしくない、わけのわからない成長率に設定されているキャラなので、SFCまでのイラナイツ呼ばわりを返上しています。使ってゆけば強いです。

が、今回はハード5を楽しむためにウルフ・ザカロの2人は封印します。

シーダ様でこっちの砦は塞いでもらうことにします。

こっちの砦からはソシアルナイトが出てきますが、一本道を通ってくるので、オグマで塞いでしまって、オグマの斧レベル上げに使わせてもらいましょう。

増援との戦いでマジがレベルアップ。伸びが悪いのでいずれ2軍に落ちるかもしれないですね……。

残った部隊はボスチク準備です。ボスは「ぎんの槍」装備で射程1ということもあって、射程2装備ができればチクチクに適しています。

ぎんの槍は耐久20なので壊すのも簡単なんですが、ドロップアイテムなのでできるだけ無傷で手に入れたいところです。

ミネルバ様の部下だったのかお前!! こんなところで死なずに仲間になってくれてもよかったのに……

セーブポイントが2箇所とも残せているので、今回も成長吟味に使います。

マルスとシーダを吟味するのがお決まりみたいになっていましたが、今回は2距離攻撃のできないマルスは吟味できませんし、シーダ様には砦を押さえててもらわなきゃいけないので、吟味対象はレナとマリクにします。

2人の経験値を次レベルアップするところまで上げてからセーブします。

片方の成長が良くてももう片方が悪い、って感じが続き、リロード21回目。2人とも神成長してくれました。

特にレナはすでに魔力9あるので、今後の成長にもよりますが、十分最後までやっていけそうな感じになりつつあります。

増援を相手にしてオグマの斧レベルを上げ、手斧装備ができるようになったタイミングでオグマもボスチクに参加させます。

オグマの他にボスチク参加するのは、カイン、アベル、ハーディン、バーツです。

本当はレナさんも参加させたかったんですが、必殺出したら一撃で倒してしまうので諦めました。

もう1つセーブポイントがあるので、オグマの技を吟味成長させることにします。他のキャラもついでにやってもよかったんですが、攻略に疲れちゃったのでオグマだけで妥協します。

 

リロード9回目。戦士だからなのか、なかなか技が上がらず苦労しました。

カインとアベルはそこそこの成長。2人とも手槍がもったいないので1レベル上げただけで終了します。

増援との戦いで被弾したオグマたちを回復させていたら2レベル上がりました。魔力以外は良成長ですね。特にHP・守備・魔防が高くなってきて、打たれ強い性能に。

バーツは微妙な上がり方ですが、初期値が高いこともあってステータスは全体的に高めです。

ハーディン公……。

あまりに成長が悪いので、これ以上ここでチクチクする気をなくしてしまいました。マルスで倒してクリアしちゃうことにします。

またしてもギリギリレベルアップしないw 寸止め芸人と化してる気がしますw

制圧すると、ハーディンの兄オレルアン王と面会できます。

「紋章の謎」でも活躍してくれるけっこうな重要人物なんですが、名前がつけてもらえていない不遇さを感じますね。

オレルアンの騎士団と合流を果たしたマルスは、オレルアン城を取り戻すことになります。ストーリーも面白くなってきましたね。

 

 

← 4章『草原の戦い』

→ 6章『ファイアーエムブレム』

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です