マケドニア白騎士団による「新・暗黒竜」ハード5攻略【2章『ガルダの海賊』】

タリス城を解放したマルスは、ついに祖国解放を目指して旅立ちます。

タリス王はオグマら信用できる傭兵をつけてくれた上に、帝国は恨みを買っているから、説得に応じて仲間になるやつもいるはずだよって教えてくれます。

仲間になったオグマさんは章開始時にちょっとだけ王子と話します。暗黒竜は味方が何人かは倒れるのが前提で作られていることもあって、誰が死んでもストーリーに影響しないよう、出てきた瞬間以外は会話に顔を出さないという性質があります。

こんな無謀な戦いに巻き込まれて、普通の傭兵だったら逃げだしそうなもんですから、シーダ様を守るためについてきたって思われるのも無理はないですね。

ところで、そのシーダ様はマルス王子についていってることをタリス王は知っているのだろうか……。

 

シーダとオグマを隣接させると、こんな会話イベントが見られます。

オグマがシーダのことを想っていて、それを分かっていてシーダがこの台詞を紡いでいるとしたら。(とんでもない女だな、とか言わないように!)

そして、オグマはその上で、すべてを賭してでもシーダを守り抜くと決めていたら。

それはもう、騎士なんかよりよっぽど騎士道精神を持っている漢ですよね。

「私が悲しい」ではなく、あくまで「マルス王子が悲しまれます」っていう言い回しが、逆にオグマの気持ちをプレイヤーに想像させます。

憎いテキストだぜまったく!!

さて、出だしからちょっともんもんとしましたが、攻略に移りましょう。

初期配置のすぐ北にいる敵部隊から倒してゆきたいところですが、この中に説得できるダロスという海賊がおります。

ダロスは敵のターン中にマルスに自分から話しかけてきて仲間になるんですが、仲間になった直後から海賊たちに狙われ、追撃も喰らって戦闘したら死ぬので、配置を考えてあげないといけません。

たぶん、この配置が最も安定します。ダロスの移動範囲ギリギリ入るところにマルスを待機させ、ギリギリ入らない、かつ西の橋を塞げる位置にオグマを待機させます。サジマジバーツはいったん邪魔なんで南に下がっておいてもらいましょう。

この配置で行くと、敵のターンでダロスが寄ってきて、勝手にマルスに話しかけて仲間になってくれます。

ダロスに攻撃の届く盗賊は(たぶん村を襲うよう設定されている?)西の橋を塞ぐオグマを狙ってくれ、後ろから攻めてくる海賊はダロスにギリギリ届かないので、ダロスが生き延びることができます。

オグマは西からの海賊と、ダロスと一緒に下りてきた盗賊から合計2発喰らいますが、画像の通り、ぎりぎり耐えられます。

2T目は、オグマを攻撃してきた2体を撃破します。

北から攻めてくる敵をせき止めるために、海賊の真下に堅めのやつを置きたいので、とりあえずジェイガンを。

海賊は海も川も平気で超えてくるので、攻撃範囲には海賊の一撃に耐えられるキャラを配置します。

ジェイガンの周り2マスは、海賊の攻撃+ハンターの弓が飛んできても耐えられるマルスとランスで行きます。

ドーガは追撃喰らいますが海賊の攻撃だけならぎりぎり耐えられるので、西側へ海賊が動いてきた場合の盾にします。

この海賊さえ倒してしまえば、北の敵はせき止めることもできますが、盗賊とハンターだけなので、そのまま次ターンで倒してしまいました。マルスがレベルアップ。

悪くないですね! ここまで速さが伸びてないのがちょっと気になりますが……。

カインもレベルアップしました。

レベルアップ画面を撮るの忘れてしまいました。HPと幸運が伸びました。

ちょうど北の敵を倒し終えたくらいで、西から2体のソシアルナイトが突っ込んできます。オグマに先ほど守らせていた北の橋をサジマジバーツの誰かで塞ぎ、1体受けます。もう1体の騎兵は南側の橋を渡ってくれるように、射程ギリギリ範囲内にサジマジバーツの誰かを置いて対応させます。

そうすれば、こんな感じで騎兵がばらけてくれるので、撃破しやすくなります。

ちょっと気になったのが、シーダ様のウイングスピアで攻撃するとどのくらいダメージいくのかなってことです。

めちゃくちゃ強かったwww しっかり追撃も出てます。

同じ特攻持ちのマルスのレイピアもまあまあ入りますが、ウイングスピアが強すぎて影が薄いw シーダ様の強さが分かります。

この騎兵まで倒したら、砦を使ってHP回復してから進みましょう。

セーブポイントより東側にいる海賊は、攻撃範囲に入ったら動いてくるので、おびき寄せて倒すだけです。

リフの持ってるライブの杖はできるだけ温存しておきたいところです。オグマに1回使いました。

おそらく、ライブ8回で僧侶はレベルアップできるので、次の章でレナを育てたいから絶対に16回は耐久を残してクリアします!

少し進軍して、このあたりまで行くと、敵が動き出します。

このとき動き出す敵の中に、カシムというハンターがいて、シーダで説得ができるキャラなので、一度進めた軍勢を戻して、引き寄せてから安全に説得しましょう。

シーダで「話す」と、カシムは母が病気で、お金を稼ぐために海賊の仲間になっていたことが分かります。

買収完了。(シーダ様の自腹で)

シーダ様はそのまま、ちょうどいい位置に海賊がいるんで手槍で攻撃。

シーダ様もレベルアップ。また力が上がってくれました! 現状、間違いなくエースです! 技が伸び悩んでいるのがちょっとだけ気になりますが……。

SFC版では、カシムが仲間になったことで、初期値も成長率も低いゴードンが解雇宣告を受けるわけですが、ハード5攻略の最序盤においては間接攻撃できるだけで優秀なので、ゴードンとカシムの2人弓兵体制で進みます。

味方が増えて兵種変更が解放され次第、ゴードンは解雇確定なのですが(前章参照)カシムはどういう成長をしてくれるんでしょうか。

あ、解雇って言ったらなかなかいい成長してくれましたね。ただ、速さ5じゃ相変わらず攻撃受けたら追撃喰らって即死ラインなので、それまでのつなぎになりそうです。

 

カシムと一緒に寄ってきた敵を倒し終えたら、被弾した味方を砦に戻して回復させつつ、マルスとカシムで会話イベントがあるので見ておきます。

シーダ様は神です。男心つかむのが上手いというかなんというか。

橋を踏むと、ボスの横にいたやつが寄ってくるので、引き寄せて袋叩きに。

経験値はできるだけマルスに集中させてあげます。

主要なパラメータが伸びていい感じになってきました。

後はボス周辺の敵をおびき寄せて1体ずつ丁寧に倒すだけです。

相性は悪いですが、カインの槍レベルを上げて手槍を持たせてあげたいので、てつの槍を装備させて攻撃を受けるようにしています。

なお、最後まで寄ってこない2体の内、後ろに控えてる方は攻撃力20あるので、2体いっぺんに受けようとか欲張らず、回復もちゃんと砦でしながら行った方が賢明です。

 

まあまあな伸びです。毎回2-3個でもパラメータが安定して伸びてくれれば最後まで戦ってゆける性能になれるはず。

ボス周辺のお掃除が終わったら、マルスで村を訪問しておきましょう。

レナ様が聖女のように貧しい人を治しにいったという話が聞けて、貴重な軍資金5000Gももらえます。

ボス戦に入る前に、ジェイガンでお買い物。

てつの剣*2
手斧*2
てつの弓*2

を買っておきます。

残金4000G。ハンマーも買ってもいいんですが、魔法使い系で好きなキャラが多いので、アーマーを倒すのはハンマーじゃなくてもいいかなあ、ということで購入を控えました。

手斧は2本買っておくと、斧使いたちも間接攻撃できるようになるので戦闘参加できるようになります。

さて、ではボス戦に移りましょうか。

 

ゴメスは手斧装備で、速さ8以上ないと追撃を喰らいます。攻撃23なので、追撃喰らったらほぼ死亡ですね…

前章で鍛えたアベル、シーダと、隙あらば経験値をあげてるマルス、カインはなんとか一撃は耐えられますが、ゴードンやカシムは即死です。

育成が滞っていると、この時点で敵に追撃を受けず、防御性能的に耐えられるのは、ジェイガン、オグマ、マジ、バーツだけです。ちなみにジェイガンは幸運1しかないので、敵が必殺出す可能性があります

ゴメスの周囲3マス空いているので、3人で直接攻撃できますが、ジェイガンのぎんの槍でやっと12ダメージ、バーツのはがねの斧で13ダメージといった具合なので、1ターンでゴメスのHP36を削りきろうと思ったら、攻撃を全部当てるか、必殺を出すかしかありません。

しかも、受けから入ろうにも生半可な攻撃は城門効果で回復しちゃうのでこまったもんです。

セーブポイントを駆使しないと倒せない強敵に仕上がっております。

……が、今回のプレイでは特にターン制限も設けてないのでここでもボスチクさせてもらうことにします

今回は速さ8あるマルス、オグマ、カイン、アベル、バーツの5人が育成対象です。シーダは速さが高くなりすぎて、2回攻撃をしてしまうので、武器の損耗を考えると無理してここで育てなくてもいいかなあと。

ただ、せっかくセーブポイントがあるので、ヘタれたら困るマルスとシーダの成長吟味1回はさせていただきましょう。

ところで、バーツですが、SFC版から顔グラがめちゃくちゃイケメンになったような気がするので、ちょっと見比べてみたくなりました。

なんというか、渋みが増したせいかな……。新・暗黒竜のバーツはやたらイケメンに見えます。

さて、ボスの目の前にHPフル回復させた5人の誰かを置いて、1発喰らったら砦に戻して回復、を繰り返して経験値を稼ぎます。

とりあえずマルスとシーダでセーブポイントを使って成長吟味してあげたいので、2人の経験値が90超えるまで続けます。

ついでにオグマも経験値90超えてたので、3人セットで吟味しようと思います。いうまでもなくヘタレて一番困るのはマルスなので、マルスが良成長したら続行し、シーダとオグマは妥協ラインならいいことにします。

かといって、マルスが全成長するまでやり直してたら大変なので、マルスは4つ、オグマとシーダは2人合わせて5つステータスが上がればいいことにしました。

 

やり直し2回目でマルスが奇跡の高成長。

シーダも良成長。相変わらず今回は力が伸びます。技も伸びてます。

オグマは…勝手に成長してくれるんでオマケみたいなもんでしたが、かなりいい成長してくれました。ということで、このまま続行することにします。

てつの槍で頑張ってチクチクしていたカインの槍レベルがDになり、ようやく手槍が装備可能になりました。砦での回復が間に合わないので、けっこう回避してくれるマルスとオグマを優先的にチクチクさせて効率よくレベルアップさせます。

吟味なしだとこんなもんですか王子……。さっきの高成長をもう一度見せてください。

オグマさんは普通に育てておけば良さそうです。

ゴメスの手斧が壊れ、はげねの剣は装備できないので、ゴメスが攻撃不能になります。

あとはもう、安全に叩くだけです。

せっかくなので、仲間になったばかりのカシムも混ぜて、みんなでチクチクします。

毎回3ステータス以上上がってくれる良成長です。今のところアベルより伸びているかな?

と、思ったらアベルも伸びてくれました。これで2人とも使っていけそうですね。

オグマ隊長も順調な成長をしてくれています。

さて、ゴードンと違い将来が渇望されるカシム君はどうでしょうか。

カシム、お前!!!

なんとゆうか、弓兵2人が2人ともヘタれてますね。カシムはもう1レベル上げてみて、ダメそうなら使うのをあきらめましょう。

……ちーん。カシム、2回連続で何も上がらないって、そりゃないよ!!!

成長の問題でゴードンに軍配が上がりますが、かといってゴードンもそこまで良成長しているわけじゃないんだよなあ。

今後のマップのことを考えると、ペガサスナイト、ドラゴンナイト対策として弓兵は必須です。

が、今回の「新・暗黒竜」では兵種変更という素晴らしいシステムがあるので、無理にゴードンかカシムを使う必要はありません。

仲間になった屈強な傭兵がいるじゃないですか!

ということで、バーツを集中的に育て始めました。

ちゃんと主要パラメータが上がる!! 速さももともとあるので、成長次第ではエースになれそうです。これからの成長が楽しみです。

もう1人、成長次第では兵種変更で使ってあげられそうなドーガさんも1レベルくらい上げてみましょう。

ひどいww

ドーガさんもう1レベルくらい上げて終わりにしようと思い、ボスのトドメをドーガさんにあげようとカイン・アベルで削っていたら、アベルが必殺を出してゴメスさんは沈みました。

海賊を追い出したことを感謝され、デビルマウンテンに巣食う山賊たちは手ごわいよ、という話をしてくれます。

用心棒ナバール! そういえばSFCまではオグマと同じ「傭兵」だったはずですが、今作ではGBAシリーズ以降に合わせて「剣士」になっています。

次章が楽しみです。

 

← 1章『マルスの旅立ち』

→ 3章『デビルマウンテン』

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です